老人ホームの種類


有料老人ホームとは、民間の事業が提供する介護・食事・生活支援のサービス付き高齢者向け住宅のことを指します。有料老人ホームは、料金やサービス形態によって数種類に分類されます。

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

老人福祉法による特別養護老人ホームで、介護保険の要介護認定で、要介護1〜5の方が対象。
65歳以上の方で、心身上に著しい障害があるため、常時介護を必要とし、自宅での生活が困難な方が日常生活上の介護や機能訓練等を受ける施設。


有料老人ホーム

介護付有料老人ホーム
特定施設入所者生活介護を利用しながら、居室で生活をすることが可能。

住宅型有料老人ホーム
訪問介護等の介護サービスを利用しながら、居室での生活をすることが可能。

健康型有料老人ホーム
入居時に健康な方のみ利用可能で、要介護となった場合は契約を解除しなければならない。



施設の種類

グループホーム
要介護度1〜5の認定を受けた痴呆性高齢者が対象。

高齢者向けマンション
食事等のサービスが付いた高齢者向けの居住施設。

ケアハウス
軽費老人ホームの一種。身体機能の低下等により、独立生活が不安な方のための施設。

療養型病床群
長期療養が必要であると認められる要介護者が対象。

介護老人保健施設
家庭復帰を目的にリハビリテーション、介護を中心とした医療と日常生活サービスを提供。



老人介護の周辺事情のホームへ戻る